TOP

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学のWebサイトです。

遺伝性腫瘍
Hereditary tumors

TOP 遺伝性腫瘍 当院での取り組み

遺伝性乳がん卵巣がん症候群
(Hereditary Breast and Ovarian Cancer syndrome : HBOC)

岡山大学病院での取り組み

遺伝カウンセリング外来の開設

岡山大学病院では病院全体でHBOC診療に取り組んでいます。臨床遺伝子診療科ではHBOCの診断前から診断がついた後のサーベイランスについて、切れ目のないように責任をもって対応いたします。




リスク低減卵管卵巣摘出術の実施

当院では, 学内倫理委員会の承認をもとに BRCA1/2 に病的バリアントを持っている人に対してリスク低減卵管卵巣摘出術(risk reducing salpingo-oophorectomy:RRSO)を実施しています。
RRSO施行後のヘルスケアの管理は、産科婦人科でフォローアップを行っています。




リスク低減乳房切除術の実施

乳房に対しては、リスク低減乳房切除術(risk reducing mastectomy: RRM)を行っています。
乳がんの術式選択や再建に関しては、乳がん治療・再建センターで相談することができます。




コンパニオン診断でHBOCと診断された方へ

岡山大学病院または他の病院で乳がんや卵巣がんの治療薬選択のために BRCA1/2 に病的バリアントを保持しているといわれた方もご受診ください。主治医にお伝え頂くか、当科にご予約下さい。



2020年4月開始のHBOC診療の一部保険診療化について

2020年4月より遺伝性乳がん卵巣がん症候群(Hereditary breast and ovarian cancer syndrome: HBOC)診療の一部が保険適応となりました。岡山大学病院では従来より乳腺・内分泌外科、産科婦人科、および臨床遺伝子診療科が協力してHBOCの診療に力を入れてきましたが、この度保険診療も開始しました。

今回の保険収載では、現在または過去に乳がんまたは卵巣がんにかかった方(既発症者)が対象となります。

① 以下のいずれかに当てはまる方に対してはHBOCの原因遺伝子であるBRCA1またはBRCA2BRCA1/2 )遺伝学的検査が保険適応になります。

  • 45歳以下で乳がんを発症された方
  • 60 歳以下でトリプルネガティブ乳がんを発症された方
  • 2 個以上の乳がんを発症された方
  • 第 3 度近親者内(曾祖父母、大おじ、大おば、いとこまでの血縁者)に乳がんまたは卵巣がん発症された方が1名以上いる方
  • 乳がんを発症された男性
  • 卵巣がん、卵管がんおよび腹膜がんを発症された方

② 乳がんを発症された方のうちHBOCと診断された方に対して、卵巣・卵管の摘出(リスク低減卵管卵巣摘出術:risk-reducing salpingo-oophorectomy: RRSO)およびがんを発症した乳房と反対側の乳房の切除(リスク低減乳房切除術contralateral risk-reducing mastectomy:CRRM)
③ 卵巣がんに患者さんのうち、HBOCと診断された方に対する両側リスク低減乳房切除術(bilateral risk-reducing mastectomy:BRRM)。
④ HBOCと診断された方に対するキメの細かい定期的な観察(サーベイランス)


なお、乳がんまたは卵巣がんに罹っていない方(未発症者)は現時点で保険適応となっておりませんが、当院では今まで通り自由診療として複数の診療科や部門が一丸となって取り組んで参ります。