TOP

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学のWebサイトです。

教授挨拶
Professor greeting

TOP 教授挨拶
教授 平沢晃

2021(令和3)年1月 教授挨拶

臨床遺伝子医療学のホームページを訪れていただきありがとうございます。2018年に前任の豊岡伸一教授から講座を主宰を引き継ぎ、時代も平成から令和となってゲノム医療、遺伝子診療を取り巻く環境はこの2年半だけでも、急速に進んで来ました。

2018年には我が国のがんゲノム医療連携体勢の枠組みが定められ、当院ではゲノム医療総合推進センターをはじめとして院内外の皆様と、現在にいたるまで日々手作りで整備を続けています。この年はBRCA1/2遺伝学的検査がコンパニオン診断として導入されました。

2019年にはがんゲノム医療が保険診療化され本格的に始動しました。

2020年2月には第1回せとうち臨床遺伝研究会を開催しました。4月には遺伝性乳癌卵巣癌症候群(Hereditary breast and ovarian cancer syndrome: HBOC)に係る保険診療が、部分的ではあるもの開始しました。我が国の三木義男博士が1994年にBRCA1遺伝子を同定されてから実に4半世紀を経て一部保険診療化されたわけです。当院は厚生労働省が定めるHBOC保険診療施設の連携業務、一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構の認める遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設としての役割が大きくなってきました。同時に新たに53 疾患(72項目)の指定難病の遺伝学的検査が保険承認されました。

そして待望の臨床遺伝子診療科診療スペースが開設しました。医科外来診療棟2階の中心で院内で最も人通りが多いスポットです。遺伝子診療部門は全ての当事者・国民、そして院内の診療科・部門に活用していただく部門です。この地の利もいかして、ますます周知していただきたいと思います。

2021年から医学部医学科のカリキュラムにゲノム医療6時間(3年生)、行動科学3時間(2年生および3年生)がスタートします。平成29年に改訂された医学教育モデル・コアカリキュラムでは遺伝医療に関する内容が充実されたため、今後の若手医療人にゲノム医療を伝えることが我々の使命であると認識しております。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延は、我々に医療ブロック化のリスクを教訓として与えることとなりました。「受診したい人のに受診することができない、医療者としては今声を届けたい人に受診してもらえない、家族と一緒に受診したいが家族は県外に住んでいるので来院できない・・・・」など、患者・当事者も医療者も共に悩み続けております。

我々は「中央西日本遺伝性腫瘍コホート研究」を立ち上げました。医療機関16施設(2021年1月現在:協力参加施設募集中)が協働した遺伝性腫瘍に対する取り組みで、地域医療としての遺伝性腫瘍診療を、地域の医療者・当事者とともに作ってまいります。遺伝性腫瘍エキスパートパネルを開催して、医療圏全体で長期に渡ってきめ細かく丁寧に支援する体制を作り、医療ブロック化リスクも回避します。

サグラダ・ファミリアは2026年に完成予定であるといわれていますが、我々はゲノム医療・遺伝子診療の最適化を目指して永遠に改善を続けて参ります。

2021(令和3)年 元日

臨床遺伝子医療学 教授
平沢 晃

過去の教授挨拶

2018(平成30)年 挨拶

安心できるゲノム医療を中央西日本から
―「チーム」で「シームレス」なゲノム医療の構築をめざしてー

平成30(2018)年6月より豊岡伸一前教授の後を受けて第2代目の教授を担当させていただくことになりました。当教室では最新のゲノム医療を中央西日本から提供するとともに、同分野の先端的な研究を先導し、多職種からなる優れた医療人の育成に力を注いでいます。

最近「ゲノム医療」という言葉が社会で広く認知されてきました。とくに、がんなどの治療に直結する分野では、ここ数年で国内外でゲノム医療の体制が急ピッチで確立されてきています。一方で遺伝医学のカバーする領域は非常に広く、疾患原因遺伝子の同定とそのマネージメント法の確立や、病気のなりやすさや薬の効き方などに関わる遺伝子バリアントの解明は「成果をだしつつ検証する」途上にあります。

岡山大学病院では平成30(2018)年9月に臨床遺伝子診療科が開設され、診療科内に「遺伝カウンセリング外来」と「がんゲノム医療外来」の2部門が設置されました。当講座は、診療部門としての臨床遺伝子診療科とともに、下記の3点を開設時の目標としました。

1.ゲノム情報に向き合うことで、人々に安心してもらえる遺伝医療を目指します
2.がんゲノム医療体制を整備することで、きめ細かいがん医療の構築に寄与します
3.岡大バイオバンクを基軸に中央西日本から世界の健康・福祉向上に貢献します
 さらに平成29年に改訂された医学教育モデル・コアカリキュラムでは遺伝医療に関する内容が充実されたため、本領域の教育の充実に対応する必要があります。当講座としても「体細胞バリアントと生殖細胞系列バリアント」、「本人と家系員」および「発症者と未発症者」などに対して、柔軟に対応可能な人材育成に尽力して参ります。

今後、ゲノム医療を臨床実装するにあたって、各診療科おけるエビデンスの集積や手技の向上のみならず、職種・診療科横断的な「シームレス」な取り組みが必要です。とくにがんゲノム医療では、治療に到達するまでの時間を最短化する必要があるため、機動力をともなった対応が要求されます。当講座は各診療科・部門の方々に協力して頂きながら、ゲノム医療の発展に貢献いたします。

最後に、遺伝情報は「自分のもの」ですが「自分だけのもの」ではありません。血縁者で共有することから、遺伝医療は究極の「地域医療」ともいえますが、その成果は「データシェアリング」などを通して人類で共有することで、次の医学の発展に直結する「国際医療」にもなります。地域を見つめて世界に羽ばたくことを目指す仲間を岡山大学はいつでも募集しています。