臨床遺伝子医療学の教室沿革

教室の沿革

概要

当講座は「疾患・生命現象に関わる遺伝子情報の臨床への応用」をテーマに、2013年(平成25年)4月に設置された最も新しい講座です。
臨床・研究・教育の各分野において活動し、診療においては各科の協力を得ながら、「遺伝医療」、「がんゲノム医療」、および患者さんの生体試料を保管、分譲、解析する「バイオバンク」を通して、中央西日本から世界に向けたゲノム医療の推進役を担っております。

沿革

  • 2013年(平成25年)04月
    講座開講 豊岡伸一 教授就任
  • 2015年(平成27年)04月
    岡山大学病院内に診療施設併設型バイオバンクとして「岡大バイオバンク」設立
  • 2015年(平成27年)04月
    「クリニカルバイオバンクネットワーキング事業化研究講座」を設置 森田瑞樹 准教授就任
  • 2015年(平成27年)07月
    文部科学省の「橋渡し研究加速ネットワークプログラム事業」体制整備の一環として 冨田秀太 准教授就任
  • 2015年(平成27年)10月
    「第1回クリニカルバイオバンク研究会」を岡山大学にて開催
  • 2015年(平成27年)12月
    岡山大学病院に「抗がん剤適応遺伝子検査外来(現 がんゲノム医療外来)」が開設
  • 2017年(平成29年)06月
    豊岡伸一 教授が呼吸器・乳腺内分泌外科 教授に就任
  • 2017年(平成29年)12月
    岡山大学病院に「ゲノム医療総合推進センター」が開設
  • 2018年(平成30年)04月
    岡山大学病院が「がんゲノム医療中核拠点病院」に指定
  • 2018年(平成30年)06月
    平沢 晃 教授就任
  • 2018年(平成30年)09月
    岡山大学病院 臨床遺伝子診療科 開設
    診療科内に「遺伝カウンセリング外来」と「がんゲノム医療外来」の2部門を設置
  • 2019年(平成31年)4月
    クリニカルバイオバンクネットワーキング事業化研究講座に山本英喜助教が加わりました。
    臨床遺伝子診療科に遺伝カウンセラーが4名加わりました。
    浦川優作、江見裕美、二川摩周、十川麗美
  • 2019年(令和元年)7月
    山本英喜が臨床遺伝子診療科助教に就任しました

コンテンツ

ページのトップへ戻る